書き損じた年賀状は、手数料5円で通常のはがきや切手に交換できます。

お年玉付年賀状の当選番号の発表があったばかりですが、もし、当選されなくても、
例えば書き損じた年賀状があったら、切手やはがきなどに交換してくれるということをご存知ですか。

例えば、年賀状を作っていて、汚れてしまったり、天地を逆に印刷してしまったり、はたまた、住所不定で戻ってきてしまったりした年賀状があれば、それは、手数料さえ払えば、通常の切手やはがきと交換してくれます

もちろん、これは郵便局が発行している年賀状のことですが、はがき1枚につき、5円の手数料で新しい通常のはがきや往復はがき、切手(記念切手はだめです)に変更しれくれますので、そのままゴミ箱に捨てるよりも、面倒ですが、郵便局に行って交換したほうが断然お得です。

また、年賀状を刷ったのに、急に親族など近しい方にご不幸があり、その年の年賀状自体が使えなくなってしまった方などは、手数料なしの無料で通常はがきや切手などに交換してくれますので、これを使わない手はありません。

これは、年賀状だけに限らず、レターパックなどの特定封筒や郵便書簡、それに不要になった郵便切手なども手数料を払えば交換しれくれますので、この機会に、書き損じてしまったり、不要になったこれらの郵便物は、郵便局で新たにこれから使えるはがきや切手に交換してください

このリサイクルは、けっこうお得です。

毎年の楽しみです

年賀状をもらえるのって、とっても嬉しいです。普段、連絡を取り合っていない友人からの連絡も入り、毎年のお正月の楽しみにしています。
子供の頃は年賀状を楽しみにしすぎて、自分の部屋と玄関にあるポストまで、行ったり来たりと何往復もしていました(笑)
こういうとき、郵便屋さんと鉢合わせしてしまうと、気恥ずかしかった思い出が・・・

いざ、年賀状が届き、1枚1枚を大切に眺めていると、友人たちやお仕事関係でお世話になっている方々からの、
選り取りみどりの工夫された年賀状に、いつも感心しています。

子供の写真入り年賀状は成長が分かって喜ばしいことですし、友人のイラストの上手さに驚かされたり、
ペットの写真には可愛くて癒されたりと、ニコニコしながら何度も見返していました。

一方、私の方は年賀状を作らなくなってしまったんですよね。
代わりにお年賀メールを送っています

皆には喜んでもらえてるようですが、相手の年賀状作りの手間を思うと申し訳ない気持ちもあります。

こちらもデコレーションメールで、私なりに工夫はしているんですけどね。相手の心の広さに許してもらっているということで(汗)

いつか私も、また年賀状作るつもりでいるんですが、いろいろあって、まだ先になってしまいそうです。

急に使えなくなった年賀状、どうしたらいい?

毎年年賀状を買う時期になると、今年は何枚を買おうかと考えて郵便局へ買いに出掛けますが、年賀状を買ってから不幸があって、買った年賀状が使えないため、この年賀状をどうしようかと困った場合は年賀状を郵便局の窓口に持ち込みましょう。

このとき郵便局は未使用の年賀状を同額分のハガキまたは切手と交換してくれます

しかし、このときに年賀はがき一枚につき5円の交換手数料がかかります。

そのため、郵便局の方からは年賀はがきのお年玉くじの抽選が終わってからお持ちくださいとアドバイスがありました。

せっかくならお年玉くじの結果を待ちたいものですから。

しかし、相当な枚数の年賀はがきを準備したため、今度は喪中ハガキを準備しなければならない、すぐに現金に換金したい。

そんな急ぎの状況の場合は、駅前などにあるチケットショップへ年賀はがきを持ちこんでみましょう

ほとんどのチケットショップでは年賀状の買い取りを扱っています。

そこでお願いすると、額面通りの金額での買い取りは無理ですが、現金と引き換えることが出来ます。

ここで注意しなければならないのが、年賀状は松の内に出すものなので、
年が明けたら早いうちに年賀状の交換へ行かないと取扱期間を過ぎてしまうので要注意です。

しかし、その点では郵便局は良心的です。

未使用の年賀はがきなら何年前のものでもいつでも応じてもらえますので覚えておくと便利です。

年賀状も新時代に突入でしょうか

いよいよ年賀状もインターネットの時代になってまいりました。
年々手元に届く年賀状も減り、年賀状は出さずにあけおめメールで終わりなどという若い世代も多いですね。

そんな中2013年の年賀状には画期的な方法があったのをご存知ですか?
それは、住所を知らない人あてにも紙の年賀状を送ることができるサービスです。

住所を知らないのになぜ…?と思うかもしれませんが、よくよく考えれば不可能ではないのです。

つまりあいだに仲介先が入り、そこ宛に住所を知らせてもらえばいいわけですから。
つまりこういうことです。

ツイッターやフェイスブック、メールアドレスなどを知っている相手に年賀状を送りたい場合、
仲介先にお願いし、そこから送りたい旨を連絡。受け取りOKとなれば住所をその仲介先に知らせ、そこから送ってもらうわけです。

だから送りたい相手の住所などの個人情報はもちろん守られるわけですね。
インターネット時代ならではのサービスと言えるでしょう

まだまだ始まったばかりのサービスですから、来年にはどうなるかはわかりません。
ひょっとしたらさらに一歩先をいく何かが現れているかもしれません

でも、今年は送れなかった相手に、来年はこういった形で年賀状を送ってみるのも楽しいかもしれませんね。

お年玉付き年賀状は楽しみです。

元旦に、ポストにゴムでまとめられた年賀状をとりに行くのはとても楽しみなことだと思います。
家族別に仕分けをして、自分の分だけ部屋に持って行って、ゆっくりと眺めます

自分が出した相手から、年賀状が来ていると嬉しく思いますが、自分は出したのに、
相手から来ていなかったりすると、ちょっとがっかりしてしまいます。

昔は成人の日にお年玉付き年賀はがきの抽選会が行われていましたが、最近は成人の日が移動するようになったので、
1月20日に抽選になって、ネットで調べましたが、切手シートも当たっていませんでした。

私は長年、ニューヨークに暮らしていましたので、年賀状の代わりに、クリスマスカードを出していました

クリスマスカードには「良いお年を」という意味のメッセージも入っているので、
クリスマスカードを出した人からは、ニューヨークに年賀状が届いていました。

私の年賀状はSeason’s Greetingとなって、クリスマス前に日本に届くことになっていました

切手もクリスマスヴァージョンになっていて、クリスマスカードは近代美術館のミュージアムショップで買っていました。

年賀状の習慣がないアメリカなので、年賀状代わりになるカードは大切な一年の挨拶でした。